〜伝えられてきたもの。守っていきたいこと。〜

北海道空知郡の奈井江村で、勝木石油が創業したのは昭和5年のことでした。

札幌時計台の前に移転し本格的な営業を始めたのはそれから6年後、昭和11年の出来事です。

当時の交通の中心は鉄道と馬車。時計台の鐘の音が響く街を往来する自動車はまだ少ないものでしたが、時代の先を見据えた勝木石油では、藍染めの半纏に身を包んだ店員がドライバーの皆さんを今と全く変わらずに笑顔で迎えていました。

昭和33年になると、北海道の自動車の保有台数も10万台を超え、車社会をサポートする存在として、勝木石油は大切な存在を担うようになっていきます。

平成20年1月、太平洋石油販売(現エネオスフロンティア)と共同出資会社「北海道エネルギー」を設立、石油販売部門を譲渡しました。

現在、石油販売施設等賃貸、テナントビル・賃貸マンションの運営、また北海道エネルギーの50%株主として同社を通じ北海道の発展に貢献していきたいと考えています。

北海道の車社会の黎明期を知る存在として、伝統を大切にしながら、時代を先取るセンスを誇りに今日まで北海道の社会を支えています。

株式会社カツキ(旧商号:勝木石油株式会社)

1930年(昭和 5年) 北海道空知郡の奈井江村にて創業
1936年(昭和11年) 北海道札幌市時計台前に移転
1952年(昭和27年) 勝木石油株式会社設立(代表取締役社長:勝木 昇/本社所在地:札幌市中央区北1条西3丁目3番地)
1969年(昭和44年) 代表取締役社長 勝木 郁郎 就任
1992年(平成 4年) ダイワ石油株式会社と合併
1995年(平成 7年) 代表取締役社長 勝木 紀昭 就任
1996年(平成 8年) サッソン石油株式会社と合併
1997年(平成 9年) 末廣屋商事(末廣屋勝木コーポレーション株式会社)に資本参加しグループ化
1999年(平成11年) 本社所在地を札幌市北区北10条西3丁目16番地に移転
2000年(平成15年) 林屋日石株式会社より札幌・石狩11SSの営業譲渡を受ける
2004年(平成16年) 勝木エネルギー株式会社(旧商号:エルム石油株式会社)と合併
2005年(平成17年) 北海道石油株式会社に資本参加しグループ化
2007年(平成19年) 石油販売事業を北海道エネルギー株式会社に譲渡
2009年(平成21年) 本社所在地を札幌市中央区北1条東3丁目3番地に移転
2012年(平成24年) 株式会社カツキと合併
株式会社カツキに商号変更

株式会社勝木スクエア

1989年(平成元年) 有限会社生々商事設立(本社所在地:札幌市中央区南6条西14丁目2番32号)
2002年(平成14年) 本社所在地を札幌市北区北10条西3丁目16番地に移転
  生々商事株式会社に組織変更
2008年(平成20年) 株式会社勝木スクエアに商号変更
2009年(平成21年) 本社所在地を札幌市中央区北1条東3丁目3番地に移転

旧:株式会社カツキ

1989年(昭和64年) 株式会社カツキ設立(本社所在地:札幌市中央区北1条西3丁目3番地)
1999年(平成11年) 本社所在地を札幌市北区北10条西3丁目16番地に移転
2004年(平成16年) 勝木商事株式会社(旧商号:株式会社阿保石油)と合併
2007年(平成19年) 車検事業、流通品事業、保険事業を北海道エネルギー株式会社に譲渡
2009年(平成21年) 本社所在地を札幌市中央区北1条東3丁目3番地に移転
2011年(平成23年) 運送事業を北海道エネライン株式会社に譲渡
2012年(平成24年) 勝木石油株式会社と合併・解散

 

このページの上に戻る